☆じん☆「気が向いたら」・・・へなちょこブログ2・・・

jinchanda2.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 19日

上腸間膜動脈解離

長年の不摂生が遂に暴発。もうしょうがない。今年は病気のデパートや!
6月に急性膵炎(完治)。8月に上腸膜間動脈解離(退院)。9月に経過観察の再検査。
そして、この後、胆石摘出が控えている。年内にはスッキリ治めたい。Orz
e0340170_10352611.jpg

9月上旬に胆石摘出で入院予定だったが、7月31日の午前2時頃お腹が痛くなる。
胆石が悪さしていると思い朝一番で手術予定の掛かり付けのO病院で造影剤を伴うCT検査を受ける。結果、想定外の「上腸間膜動脈解離」との診断。この病院では対処困難の為、紹介状をもってK病院へ救急車で緊急搬送された。




07/30 日帰り出張
早朝の新幹線で品川から京都へと午前中に仕事を済ませ、昼食後、早めに家路に着く。夕方普段通りのりんちゃん散歩。夕食後、少しお腹の調子がイマイチなので早めの就寝。しかし、夜中に胃が張ってお腹が痛くなってきた。「また、胆石が暴れ出したか。」と、この時はそう思いロキソニンを飲んで痛みを抑え朝までぐっすり休む。

07/31救急車で緊急搬送、そして緊急入院
就業1時間以上前、朝7時過ぎには出社。出張報告をまとめてから、上司にこのまま入院するかも知れないと話をする。そして9月上旬に予定していた胆石摘出をすぐにでも手術して欲しいと病院へ連絡して直行。
すぐさまO病院で造影剤を伴うCT検査を受ける。結果、想定外の「上腸間膜動脈解離」との診断。この病院では対処困難の為、紹介状をもってK病院へ救急車で緊急搬送される。

2018/07/31 ~ 08/10 治療入院
「上腸間膜動脈解離」って…何?あまり聞き慣れない病名に困惑。担当は血管外科の専門医。石原裕次郎や加藤茶が罹患した大動脈解離はよく知る話だが。大動脈の枝管で腸へ繋がる「上腸間膜動脈」が解離した由。動脈内壁の一部が傷付き破れると血流によって血管内壁を剥がし流路が狭まると血流が悪くなり腸の機能が次第に衰え最悪腸が壊死する恐ろしい病気らしいが原因は不明。この大病院でも年に2、3例しかない極めて稀な疾患の由。幸いにも早い段階で見つかったので腸の機能も無事回復した。

当初は半分諦めムードで緊急手術も覚悟していたが温存治療となりひと安心。具体的な治療内容は、先ず緊急処置室での治療準備に点滴×2確保、心電図の線を数か所確保してナースステーション傍の重篤患者専用の病室へ。3日間の通常点滴と血圧降下剤の点滴投与で血管の損傷を抑え、解離部分の石灰化を待つこと絶対安静。何か心電図に異常があれば直ぐに看護士が処置できる体制です。もちろんトイレに立つことも許されません。4日目から一般病室に移り心電図は外れましたが絶対安静は続きました。6日目で通常点滴×1になり血圧降下剤は点滴から飲み薬に変更になったのでトイレが行けるようになりました。7日目に重湯が口にでき、8日目に造影剤を伴うCT検査の結果、腸の機能回復を確認。順に三分粥、五分粥、全粥と進み退院前日には点滴も外れて11日間の入院生活から無事退院となりました。

e0340170_10385464.jpg


長年の不摂生が遂に暴発。もうしょうがない。今年は病気のデパートや!
6月に急性膵炎(完治)。8月に上腸膜間動脈解離(退院)。9月に経過観察の再検査。
皮肉なもので嬉し悲しや更に体重6kg減。6月に78kgあった体重は現在65kg。(-_-;)
そして、この後、胆石摘出が控えている為、まだ年内は完全禁酒に低脂肪食のベジタリアンな食生活を続けなければなりません。ああぁ...年内にはスッキリ治めたい。Orz
[PR]

by jinchandaisuke2 | 2018-08-19 08:00 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by ha128256ak at 2018-08-20 17:23
胆石があるのは聞いていましたが、色んな大きい病気をしたんですね。
私も思い切って、脊柱管狭窄症の手術をしました。8日間の入院でした。
腰の痛みはなくなり、脚の痺れもなくなり、手術して良かったと思いました。
Commented by jinchandaisuke2 at 2018-08-20 22:17
あだっちゃん コメントありがとうございます。
腰の手術良かったですね。大好きなカメラ・写真まだまだ長く続けられそうですね。私も早いとこ胆石を片付けて色んな処へ出かけたいと思っていますので、またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。


     急性膵炎 >>